シーリング工事

合成樹脂または合成ゴムをペースト状にしたものを使用して、外壁、屋根、バルコニーの隙間、サッシや窓枠の周囲など、目地部分の防水・気密を目的に充填する工事です。雨水の侵入による部材の腐食を防止し、建物の寿命を延ばします。
さらに、昼夜の温度差による素材の伸縮、地震の衝撃などを緩和することができます。

  • シーリング工事イメージ
  • シーリング工事イメージ
  • シーリング工事イメージ
  • シーリング工事イメージ
  • シーリング工事イメージ
  • シーリング工事イメージ

打ち替え時期 、通常の耐久年数は5-10年が目安といわれていますが、シーリングが切れたり、ひび割れてきたら、打ち替えが必要です。

 

シーリング剤の種類

シリコン系
紫外線に強く、耐久性に優れ、乾燥が速い。 塗料は弾いてしまうため、上塗りは出来ない。 ガラス廻りに適している。 動きの多い部分には適さない。
変性シリコン系
紫外線による劣化が少ない。 塗装の上塗りが出来る。 ガラス廻りには使用できない。
ウレタン系
耐久性はあるが、紫外線に弱く汚れやすい。 塗料を上にのせる場合に使用される。
ポリサルファイド系
耐久性、弾力性がある。 塗料を上にのせると変色や密着不足があるため、あまり適さない。

 

メールでのお問い合わせはこちら